メイクしたまま寝てしまった翌朝のケア方法

メイクを落とさずに寝てしまった翌朝は、罪悪感がありますよね。
いけないと分かっていても、睡魔には勝てません。
メイクを落とさずに寝ると、1晩で3歳老けると言われます。
実際に老けるかどうかは別として、それ程お肌にダメージがあると言うことです。

メイクは女性の身だしなみですが、お肌にとっては汚れの一種です。
ファンデーションに含まれる油分が皮脂と混ざることで毛穴を塞ぎ、それを餌にして微生物が増殖してしまうこともあります。
また、粉末成分がお肌の水分を奪い、乾燥につながってしまいます。
そこで、メイクしたまま寝てしまった翌朝は、こんなケアで肌をリセットしましょう。

まず、蒸しタオルで顔を覆い温めます。
毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるだけでなく、血行もよくなるので、くすみが解消されます。
その後、クレンジングと洗顔を行いますが、洗顔料をよく泡立てて使うようにしましょう。
最後に保湿ですが、肌の内部は乾燥していますので、化粧水や美容液をたっぷりと使い、しっかり保湿することが大切です。

美容のためには、就寝前にメイクを落とし、早めに眠りましょう。脱毛ラボ 銀座カラー