学校で配布された、子供の暑中お見舞いハガキについて

教育の一環なのでしょうか?
夏休み前の小学校の授業で、暑中お見舞いの書き方しおりとともに、ハガキを一枚いただき、お便りを書くというものがあったみたいです。
それで、現在低学年の娘は、幼稚園の時に知り合いだった一学年下のお友達にお便りを出すことに決めたそうです。
日ごろそんなにお話したりするわけでもないし、ましてやちょっと離れたところにお住まいなので、一緒に遊ぶということもないのに・・・なぜ、あのお友達なのでしょう?
急に思い出したのかもしれませんね。
娘の書いたお便りの内容で語尾などの手直し必要だったので、その部分だけ直させて、早速、お相手のお母さまにメールでご連絡しました。
勿論、お母さま、驚いておられました・・・でも、好意的に送付住所も教えていただき、それも書かせたので明日は投函すればOKです。
思わぬ交流に、私も懐かしく嬉しかったです。
子供たちはコミュニティを広げることが上手なんでしょうね〜、大人みたいに、色々気遣いしすぎたりしない面、ストレートというか・・・
素敵です。